日本でも薬の個人輸入代行通販サイトを利用すれば、ジスロマックが手に入る

2020年02月29日
頭を抱える男性

ジスロマックは、通常の方法では国内で購入することはできない医薬品です。これは、日本国内での流通が認められていないからです。日本国内の医薬品の取り扱いは、国や法律で厳しくチェックされています。国内の流通については、先発医薬品の権利関係もあって中には数十年と後発医薬品であるジェネリックを開発できないこともあります。そのため、様々な制限のもとにジスロマックの流通も行われていないのが現状です。

もちろん、病院に行けば処方してもらえます。ただ、社会生活の中で満足な時間をとることができない人は、病院に行く時間を確保することもできない現状です。この場合は、ジスロマックを手に入れる手段がありません。そこで、個人がジスロマックを手に入れる方法として輸入という方法を選択することになります。個人輸入代行の通販サイトでジスロマックを購入することで、日本国内の通常のショッピングサイトと同様にボタン操作だけで購入できます。

基本的に、輸入そのものは誰であっても全く法律で禁止されていません。自分や法人の目的を満たすために海外の製品を購入することは、危険性がないと判断されているからです。一方で、海外から医薬品を輸入するケースでは旧薬事法に該当する薬機法のルールを理解しておく必要があります。医薬品は、他の製品と比較しても他人に与える悪影響が強いので、必ず購入した個人だけが利用しなくてはいけません。

個人輸入の代行とはいっても、内容はいくつかあります。その中でも重要なのが、外国の業者と日本国内の個人を直接的に結ぶ行為です。この行為があれば、法律的にも個人輸入は特に問題はありません。そもそも、問題があれば税関で止められますのでその点も安心です。

個人輸入の代行が認められているのは、外国業者への取次の役割をしているからに過ぎないからです。例えば、医薬品に関わる法律には外国から国内で認可を受けた製品を販売しなくてはいけないようになっています。仮に、海外の業者とその業者から医薬品を仕入れる別の業者がいた場合、国内にその医薬品を仕入れた日本の業者は罪になります。これは、認可を受けていない医薬品を販売して利益を得ようとしたからです。

しかし、個人輸入の代行は海外業者の注文の取次をしているだけなのでこれに該当しないと解釈されています。実際に、国内から海外の医薬品を購入している個人はとても多いので、安い価格で病院で処方しているジスロマックも通販で購入できます。