記事一覧
自分の体は自分で守る!クラミジアに感染しないためにできる対策

性器クラミジアへの感染を防止するための手段は、個人であっても簡単に実行できます。まず、性行為による粘膜の接触で感染するので、粘膜に触れないよ...

2020年06月14日
完治するまで時間がかかる!クラミジアは再発しやすいので注意して!

クラミジアは、ジスロマックを利用した治療だと10日間程度で治療できます。ただ、完治したとしても再発する可能性が高いものであるため、気を付けな...

2020年05月17日
クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間!おりもので症状が判断できる

クラミジアは、感染してすぐに発症するわけではないうえに、自覚症状もほとんどありません。これは、男女ともに共通している点であるため注意が必要で...

2020年05月01日
ジスロマックを服用してアレルギー反応が出てしまった時には

ジスロマックの副作用は、全体的な統計でもそれほど強く表れるわけではありません。副作用の大半は消化器系に現れる軽度なものに限定されていることが多く、全体ではわずか6%から7%程度の患者にしか表れないこともわかっています。内訳としては、下痢や嘔吐が最も多い副作用として報告されています。ジスロマックは、抗...

2020年04月16日
ジスロマックのジェネリック医薬品として開発されたのがアジーです

ジスロマックは、先発医薬品というカテゴリーに入っている薬です。先発医薬品は、臨床試験を経て病院で処方されている最先端の薬です。ここには、様々な権利関係が絡んでいますのでジスロマックを開発した会社にはこの権利を独占する機会が与えられます。ただ、この権利は永久に持続されるわけではありません。権利が切れる...

2020年04月01日
ジスロマックの併用禁忌の解説をよく読んで守ることが大切です

抗生物質は基本的には様々な目的に利用できるメリットが存在します。ただ、抗生物質という性質上、他の抗生物質とは併用禁忌となっている傾向が強いです。実際に、血中濃度が高くなりすぎてしまって相互作用を招く懸念が存在します。作用が大きくなりすぎると、それだけ副作用の側面も大きくなるため、気を付けなくてはいけ...

2020年03月13日
日本でも薬の個人輸入代行通販サイトを利用すれば、ジスロマックが手に入る

ジスロマックは、通常の方法では国内で購入することはできない医薬品です。これは、日本国内での流通が認められていないからです。日本国内の医薬品の取り扱いは、国や法律で厳しくチェックされています。国内の流通については、先発医薬品の権利関係もあって中には数十年と後発医薬品であるジェネリックを開発できないこと...

2020年02月29日